« 2006楽器フェスティバル.パートⅡ | トップページ | 2006楽器フェスティバル.パートⅣ »

2006年10月 9日 (月)

2006楽器フェスティバル.パートⅢ

_004

昨日はサークルメンバーのK.I君と博多の友達K君と3人で2006楽器フェスティバルを見に行ってきました・・・

_002 話題のD-DECKですが、ステージアに似てるようですが、近くで見るとチョット違ってます。

上の方にシステム楽器をおけるようにボタン類はすべて左に集められています。

弾いてみてステージアとD-DECKの違いは僕が3月のオフ会でステージアを弾いた時データーを入力時にリバーブを入れ忘れて途中でいれたんですが、リアルタイムでリバーブをいれることが出来なくてメチ

_003 ャクチャになった思いでがあるんですが、D-DECKはリアルタイムで変化させることが出来るみたいです。

あとオルガンフッテージ(1~16の9連)があるんですがエフェクトのなかにグラフィックイコライザーが付いておりさらに薄さ、厚さ、細さ太さを表現出来るようになってました。

これは僕、個人の注文というか思いというか、僕自身バンド小僧だった経験からいうと、必ずドラムとリードギター、ベースは普通メンバーにいるのでシーケンサーとリズムはいらないというか、購入時のメーカーオプションだったらよかったと思います。後ハモンドのXK-3のように下鍵盤と上鍵盤も独立して販売すれはもっと安く買いやすい価格になるんじゃないでしょうか!!

Yc45dwood_1 今回YC-45以来のキーボードなのでバンド小僧のめんめんには興味の一台みたいです。

最後にローランドブースとハモンドスズキのブースをみました。

ハモンドからは、XK-3レボリュウション、XK-1。などが出品されてました。

_001

デモ演は河合代介さんでした。

こんなに身近で見たのがはじめてだったので凄く興奮しました。

ローランドからはVKシリーズからアトリエまで色々と出品されてました。

昨日は本当に楽しい一日でした。

|

« 2006楽器フェスティバル.パートⅡ | トップページ | 2006楽器フェスティバル.パートⅣ »

コメント

楽器フェスティバル、お疲れさまでした。
cottonも昨日、D-DECKを初めて見て演奏も聞いたけど何の感動も無かったよ。
これってポータトーン事業部とエレクトーン事業部の共同開発って感じです。
やはりシンセで注目はローランドとコルグでしょうね。
来年は横浜なのでcottonも絶対に見に行きます。

投稿: cotton | 2006年10月 9日 (月) 午後 12時07分

cottonさん、こんにちは!

いままでローランドやコルグにはバンド用キーボードがあるのにヤマハにはYC以降機種がなかったのでやっと出たって感じです。とにかくバンド用キーボードは、持ち運びの自由で1人で2,3分で組み立て可能でなければなりません。それを考えればD-DECKはまぁまぁかと思いますが…。僕がバンドをやってたころ本当はハモンドのB-200を借りたかったのですがトラックでないとはこべないのですが、YC45だと乗用車の助手席で運べたの便利で借りてました。前の職場に大学生くらいのバンドをやってる子がいましたがオルガンの音色がでて電車で持って行けるといいな~!なんていってましたよ。

投稿: ポンタ | 2006年10月 9日 (月) 午後 08時53分

ポンタさん、こんばんは。

いまさらですが、先日はお疲れ様でございました&ブログ復帰お疲れ様でした。ご一緒させていただいて、本当に楽しい一日を過ごさせていただきました。

D-DECK、見た目は少々安っぽさがありますが、この性能ではSTAGEAスタンダードの立場が…。と言う感じですね。楽器そのものは良さそうですが、プレーヤーに対するアプローチが…。エレクトーンと比較してはいけないのかもしれませんが、新しいコンセプトのキーボードとしては、今ひとつ新鮮さが感じられません。自分の中では、もう少しシンプルなものを期待していたのかも。

投稿: K.I | 2006年10月12日 (木) 午後 09時05分

K.I君おはようございます。

やっぱりD-DECKのアプローチのやり方が下手ですよね~!
最初の宣伝にはエレクトーンのエの字、ステージアりスの字も出していないのだから、最後のオプションでステージアパックなどは出すべきじゃなかったと思います。これじゃ~エレクトーン弾きのめんめんからは評価がさがりますよね、
最初からキーボード一本で行きべきですね。せっかくバンド小僧のめんめんからは評判がいいのですからね、もったいない。
今のバンド小僧の彼らは、マーシャルなんかそろえてたりしてアルバイトもやってるし、チョット話は違うけど50.60万のバイクなんかでもへいきでかってるし金額はその辺だったらなんとかなるみたいなので、もっと1つ1つをオプション販売にすればよかったかなっと思います。
それでハモンドのXK-3なんかは成功したみたいですよ!!

投稿: ポンタ | 2006年10月13日 (金) 午前 04時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184337/12206807

この記事へのトラックバック一覧です: 2006楽器フェスティバル.パートⅢ:

« 2006楽器フェスティバル.パートⅡ | トップページ | 2006楽器フェスティバル.パートⅣ »