« リズムボックス | トップページ | レッスン2 »

2006年8月 1日 (火)

レッスン1

小1の時、親子3人でスケートにいったんです・・・

その時スケーティングワルツを2段式のオルガンで弾いてる方がいらっしゃったんです。そこで父に言って弾いてる所をみにいったんです。それがハモンドオルガンとの出会いです。


そして家に帰って「あのオルガン弾きたい」っていったら父が「じゃ~ならうか?]ってことになってヤマハに行ったんです。そして弾いてみたら、何か違うんです。音が違うって父に言ったら「エレクトーンとハモンドは違うからな!]ということでした。それがエレクトーンとの出会いです。


そして小2から「B-6B」165.000円を買ってもらい、「ちなみにこのころの大卒初任給は、25.000~30.000円だったそうです」個人レッスンではじめて半年で両手両足をオルタネーティングベースを弾けるようになった為、先生もビックリ!それで幼児科から入った3年目のジュニアグループクラスに入れられました。そこはさすがに大変で毎日1時間半くらい練習してました。それでも半年後には、みんなが終わるのを待ってる状態までになりました。


そして小3の夏に「D2B」417.000円を買ってもらいました。それで、僕は、レッスンが土曜日だった為、父に送り迎えを車でやってもらってましたが、僕のクラスのお母さん方とその前後のクラスのお母さん方と仲が悪いため、父が嫌がって福岡センターに移ることになったんです。理由は言わなかったんですがA先生は分かっていたみたいで「思うようにならなくてごめんなさいね、エレクトーンはやめないでね!」と、B先生を紹介して下さいました。


そして小4の8月「E20」1.200.000円を買ってもらいました。そのころのサラリーマンの平均年収は、1.500.000円くらいだったそうです。今のサラリーマンの年収が700万位だから今だと560万円くらいの価値でしょうか。そして、そのころに4人でやってたレッスンに2人の男の子が入ってきたんですが、超悪ガキで鍵盤を木琴のばちでたたいたり、あばれたりでレッスンにならないんです。とうとうまた、まわりに回ってA先生の所にもどったんですが、センターでのことをA先生はB先生から聞いて知ってらしたみたいで「B先生が申し訳ないことしました。って言ってましたよ。」って伝えてくれたんですが。(明日につづく)

|

« リズムボックス | トップページ | レッスン2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184337/11079527

この記事へのトラックバック一覧です: レッスン1:

« リズムボックス | トップページ | レッスン2 »